HOME

RECENT ARTICLES

病院で薬を処方してもらう場合、やむを得ない事情を除く限り、必ず診察を受けなくてはなりません。
受診するときに、いつも貰っているお薬なので今日は薬だけ欲しいと思うときがあるかもしれませんが、診察せずに薬だけ処方してもらうのはできません。
診察を受けるということは、当然、診察料もかかってきます。病院が自宅から離れた場所にある場合は交通費もかかってきます。
もちろん、自分の体調をよく知って、薬を処方してもらうことも大切ですが、忙しい現代社会の中で、決められた診察時間にどうしてても行けなかったり、診察にかかる費用の問題で通院が難しかったり、それぞれのご事情もあると思います。
そこで、薬が欲しいけど、いろいろなご事情で通院していなかった場合などに、もう一つの選択肢として、個人輸入代行を使って費用も抑えられるジェネリック医薬品(後発医薬品)の通販をご提案いたします。
ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を、他の製薬会社が製造・販売しているお薬です。新薬と同じ有効成分で、開発費がかかっていない分、先発医薬品より安く販売されているのが特徴です。
個人輸入代行を使ってジェネリック医薬品を通販すると、薬代が安くなり、更に処方箋も必要ありません。
欧米では日本よりジェネリック医薬品が浸透しています。
これからの健康ライフにもう一つの選択肢として、ジェネリック医薬品を取り入れるのは賢い選択だと思います。